どの製品を買えばいい?
まだM5Stackを始めたばかりなのでおススメ品はわかりません。
アマゾンで表示される商品の順番で決めました。購入したのは、
M5Stack Core2 IoT
です。
到着した製品を見ると、本体以外に付属品なし。他のモデルでは、 6角レンチやGrove接続コード、USBケーブル付属が付属している ことが多い。それなので不足品を購入。
6角レンチのセットして所有してなかったので購入。(ホームセンター)
Grove接続コードはアマゾンで購入。2.54ピッチはたくさんあるが1.25ピッチは探すのに苦労ました。
USBケーブルはダイソーで購入。
購入するときはこれらの製品が付属しているかよく確認してください。
M5Stack Core2 IoTは付属品がまったくない販売店もあれば、添付している販売店もあります。 M5Stack Core2 AWSでは付属しているが当たり前のようです。


今後の開発のために購入したパーツです。

左からM5Stack用BUSモジュール(506円)
マイコンの入出力を外部に引き出すために購入。

M5Stack用温湿度気圧センサユニット Ver.3(1034円)
I2Cの動作確認および観測データをWiFiで送信するアプリ開発のため。

M5Stack用ユニバーサル基板(568円)
何か役立つと思ったのですが、コネクタが付属していない。全然役立ちそうにない。 コネクタも探すのが大変そう。また、高そう。
バスモジュールより高い!
これは失敗です。

製品出荷履歴
これはスイッチサイエンスさんの初入荷の日時を参考にさせていただきました。
製品名 発売日 備考
M5Stack Basic 2018年2月28日 標準的なタイプ
M5Stack Gray 2018年2月28日 9軸加速度センサ付き
M5Stack FIRE 2018年8月2日 9軸加速度センサ付き + レゴブロック取り付け可
M5Stack core2 for IoT 2020年9月1日 M5Stack開発キットシリーズの第2世代のCoreデバイスです。
M5Stack core2 for AWS 2020年12月16日 AWSを使ったIoTのアプリケーション構築において、簡単でコストパフォーマンスの良い学習が行えます。
M5Stack Touch 2021年9月30日 屋外での設置に向けて設計されたIoT開発キットです。
付属品
1 x Type-C USB(1 m)
1 x 2.5 mm 六角レンチ
1 x 1.25-2Pコネクタ付接続ケーブル
1 x 1.25-4Pコネクタ付接続ケーブル
これから買うなら、内部の画像で見る限りM5Stack Touchかなと思います。