プログラムの書込み改善
 自前のプログラムをつくるきに、

①TWELITE DIP をブレッドボードから外す。
②TWELITE DIP をTWELITE Rに装着する。
③プログラムを書き込む。
④TWELITE DIP をTWELITE Rから外す。
⑤TWELITE DIP をブレッドボードに装着する。
⑥動作を確認する。
⑦バグがあればソースファイルを修正して①に戻る。
上記の繰り返しを何度も何度も・・・・やるわけです。
TWELITE DIP をTWELITE Rに装着するときや、
TWELITE DIP をブレッドボードに装着するときに、
間違って装着する危険性があります。
TWELITE DIP をTWELITE Rにはこんな接続の仕方があります。

TWELITE DIPにピンヘッダーソケットをはんだ付けします。そこにTWELITE Rを装着します。電源のショートバーは外部電源側にします。これでTWELITE DIPをブレッドボードから外さないでもプログラムを書き込みできます。しかし、このはんだ付けがアンテナが邪魔して厄介です。何か役立つものは・・・と探してみると、こんな風にすると楽です。

100円ショップで買ったものです。今売っているかどうかわかりません。