トップページ 知気象

気温・湿度・気圧データロガー 知気象  new:2018/09/25
 「小学校の先生から何か授業をやってほしい。」と依頼されました。授業の中でラズベリーパイを小学生に見てもらって「これはパソコンと同じです。」と説明しました。ちょっとびっくりしたようです。デモしたのは気温・湿度・気圧を使ったX-Windowアプリです。先生は気温・湿度・気圧を一度に見られるのは素晴らしい。「これが教材として入手できれば....」と言っていました。それらしい教材はあるようですが、5万円以上します。
 しかしラズベリーパイに液晶やセンサーなどを付けると\15,000円くらいになってしまいます。また、X-Windowの立ち上げに40秒くらいかかってしまいます。それなら安いマイコンを使って作ればいい。ということでいろいろ調べてみるとPIC32MX270F512Bが安くてDIPパッケージなので作りやすそうです。「本当は今更PICなど使いたくない。」が本音なのですが、32ビットPICはROM,RAMとも十分にある。8ビットPICのようにスタックを気にしないでいい。ということでPICに抱いていた悪いイメージがなくなりました。

 機能的にはUSBホストの機能をサポートしているので,
USBキーボードで設定をすれば余計なスイッチを付けなくて済みます
USBメモリで取得してデータを記録できます

最終的に回路設計、ソフト設計、基板設計、おまけにWindowsのグラフ表示アプリまで作ってしまいました。
何ができるの?
通常表示


日時、温度・湿度・気圧を表示します。
日時の設定はUSBキーボードで簡単に設定できます。
取得したデータはUSBメモリに記憶できます。

標高表示

気圧から標高を求めることができます。
現在の標高がわかっている場合は標高を入力することで、
現在の標高がわからないときは、アメダスで公開されている最寄りの地域の海面気圧を入力することで、
標高を知ることがでます。
2階から1階へ移動すると、3mの違いがありました。目測ですが1階と2階の高さは3mくらいです。
現在、評価中です。
価格は\10,000円以下に設定します。

お問い合わせはこちら
Windowsグラフ表示アプリ
USBメモリに記憶したデータをグラフ表示するアプリまで作っちゃいました。

一日の変化を詳細に表示

 一日の温度・湿度・気圧を1分ごとに表示します。急激な変化もとらえることができます。
気圧は実測値と海面気圧に変換したデータを両方表示することができます。標高の高いところでも海面気圧が表示されるので高気圧か低気圧化を把握することができます。 この日は台風が上陸しました。台風は当地を直撃しませんでしたが、気圧が低下しています。

期間を指定して表示

 最大60日の期間を指定してグラフ表示します。最近の気温はどうなっているか?グラフでわかりやすくなります。
21018/09/30に台風24号が通過したときの気象データです。
短時間に気圧が低下しています。

ダウンロード
知気象Ver1.0 2018/09/25

使い方
1 zipファイルを任意のフォルダに解凍します。

2 実行形式ファイル名は weather.exe です。起動します。

3 最初にデータ保存フォルダを設定します。

ダイアログでデータが保存されているフォルダを選択します。


4 グラフを表示する
1日の変化を詳しく見たいとき

日付選択のダイアログが表示されます。計測データがある日は太字になっています。

2018年9月4日を選択して[OK]ボタンをクリックします。
再び、日付指定のダイアログが表示されます。

[キャンセル]ボタンをクリックします。
2018年9月4日の温度・湿度・気圧のデータが表示されます。この日は台風が直撃ではありませんが、気圧の低下がわかります。


期間を指定して見たいとき

日付選択のダイアログが表示されます。計測データがある日は太字になっています。

2018年9月13日を選択して[OK]ボタンをクリックします。
再び、日付指定のダイアログが表示されます。

2018年9月17日を選択して[OK]ボタンをクリックします。
 
最近の気温はどうなっているか?グラフでわかりやすくなります。

横スクロール
全画面入らないときは横スクロールで対応します。使い方は簡単です。
グラフ表示部分をクリックします。

マウスカーソルが右左にかわります。左右にドラッグすれば横スクロールします。

スケールの高さを変えたい
温度と湿度の境界、または湿度と気圧の境界をクリックします。

マウスカーソルが上下にかわります。上下にドラッグすればスケールの高さがかわります。

気圧の設定
[設定]-[気圧の表示方法]
をクリックします。

グラフ表示を3通り選べます。

海面気圧を正しく表示するには次の標高を入力します。
[設定]-[標高]
をクリックします。

標高を入力します。標高がわからないときは、以下のページを参照してください。カシオさんの計算サイトです。
地図から目的地の標高や水深を求める

基板の販売
 最初はブレッドボードで試作しました。しかし、動作が不安定だったと思います。やはりはんだ付けしないとダメかな。ということでユニバーサル基板で作ってみました。ユニバーサル基板では2.54mmピッチではないUSBコネクタ、電源ジャックなどはんだ付けが大変でした。
 もし、PIC32MX270F512Bを使ってUSBホスト、I2Cデバイス制御などをやろうとするときに、基板があれば楽になります。そこで基板の販売をいたします。

現在、発注した基板は在庫なしです。次回の発注でご希望者の分を加えて発注いたします。価格等はお問い合わせください。
お問い合わせはこちら